えっ…スマホのゲームだけでこの請求金額…!?おそろしい子…
MAKEシナリオ 高額決済予防ジェネレーター

STOP!子供によるゲームの高額決済

第一幕 クレジットカードに潜む危険。

どうしても 買いたい…!その先にあった親の財布

高額決済で最も多い事例は、「子供が親の財布からクレジットカードを持ち出して利用した」です。
ショッキングですがこれは紛れもない事実です。
      お子様にとってクレジットカードはスマートフォンやゲーム機に番号を入力するだけで、ほしいゲームアイテムが購入できる“魔法のカード”。「まだ親にバレないから使おう」と課金にハマるうちに請求も膨らみ、保護者の元にクレジットカードの請求が届いた頃に事態が発覚というケースが増えています。
      中には子供のクラスメイトの間で親のクレジットカードが使い回されていたという驚愕の事例も…。

一度たりとも忘れない。 購入時のクレジットカードの記憶。

スマホに残ったクレジットカードの登録情報をお子様が利用して高額決済に至るケースがあります。
普段なにげなく利用しているインターネット決済。入力したクレジットカードの情報は
      スマホに残ることがあるのをご存じですか。この情報は次回購入の際に入力の手間が省ける便利な機能ですが、それはお子様にとっても同じこと…。情報登録はたった一度入力しただけでも、設定を変更しない限りスマホに残ることを憶えておいてください。

第二幕 スマホに潜む危険

事例03 Wi-Fiで結ばれた宿命のスマホたち…!?

Wi-Fi経由でインターネット決済できる場合があります。
解約してお子様に渡したスマホ。お子様がふだんお使いの学習用タブレットや
音楽再生プレーヤー。それらもWi-Fi を利用すればネットワークにつなぐことができ、さらにインターネット決済もできる場合があることをご存じですか。うちの子が使っているスマホはネットにつながらないから平気…。果たして本当に大丈夫でしょうか?

事例04 請求書は突然に…。忘れられた課金。

無料ゲームの中には、「基本プレイは無料」であっても一部「追加課金可能」なゲームもあります。
子供からは無料ゲームと聞いていたので自由に遊ばせていたのに高額な利用請求が届いた―。もしかしてそのゲームは「遊ぶのは無料」であっても「追加課金が可能」だったかもしれません。有料ゲームなのか、追加課金がある無料ゲームなのか、完全な無料ゲームなのか。お子様が夢中になっているゲームの課金方法、保護者の方は正しく把握されていますか?

実録!!本当にあった高額決済の怖い話…!

それまで!いいですか… 恐れることは何もないのです。
高額決済を防ぐための3つのエチュード
  • Androidの決済時のパスワード設定方法はこちら
  • iOSのペアレントコントロールはこちら
MAKEシナリオ 高額決済予防ジェネレーター
小さなお子様を持つ保護者の方へ
PAGE TOP